WONK

Experimental Soul Band

WONK's leader / drums Hikaru Arata released his first solo EP on December 12th 2018

Hikaru_Arata_EP_Persona_jacket.jpg

名だたる国内大型フェスへの出演、精力的な海外公演活動、そして先日12/3恵比寿リキッドルームで開催されたワンマンライブは超満員のソールドアウトと大盛況に終わり、人気がとどまることを知らないエクスペリメンタル・ソウルバンドWONK。そのWONKのリーダーにしてドラマーの荒田洸が自身初となるソロ作品『Persona.』が12月12日(水)発売となった。

今作では自身初となるボーカルも務め、Daniel CaesarやFrank Oceanを思わせるスウィートで深みのある歌声で現行のJ-R&Bの一歩先を行くチルなアンビエントR&Bを展開。さらに先行配信となった同作収録シングル「Apartment」では共作詞に若者を中心に圧倒的な支持を得るイラストレーターたなかみさきを迎え日本語の楽曲にも挑戦。その特徴的なワードチョイスと温かみのあるサウンドが相まって、どこか懐かしさを感じさせるゆったりとしたテイストの楽曲に仕上げた。

また今作の演奏陣には、ジム・ホールやロン・カーターに学びジャズ界を牽引し続けるギタリスト井上智をはじめ、菅田将暉のサポートでも知られるベーシスト越智俊介、唾奇などとの客演でも知られるシンガーkiki vivi lily、EPISTROPHの同胞・安藤康平といった今まさに旬のアーティスト達がバックを固め、幻想的でいて芯の通った世界観と何度も聴ける耳触りの良い本格サウンドを作り上げている。

WONK’s leader/drums Hikaru Arata will release his first solo EP “Persona.” from EPISTROPH on December 12th 2018. In this EP, he is not only playing the drums but singing with his sweet and rich voice not too dissimilar to Daniel Ceaser or Frank Ocean. And his dreamy but strong sound is supported by amazing musicians such as Satoshi Inoue(Gt.), a jazz guitarist tutored by Jim Hall and Ron Carter, Shunsuke Ochi(Bass.), kiki vivi lily(Cho.), and Kohei Ando(Gt, Sax).


Hikaru_ Arata_artist_photo.jpg

荒田 洸

2016年の『Sphere』リリースから日本のみならず海外でも注目を集め続けているエクスペリメンタル・ソウルバンドWONKのリーダー/ドラマー / ビートメーカー。クリス・デイヴやクエストラヴを彷彿とさせる圧倒的なドラミングでフロアを沸かす彼のスタイルは日本の音楽シーンにおいても異彩を放っており、WONKの他現行のJ-HipHopシーンを牽引するラッパー唾奇やISSUGI, IOらのバンドサウンドをプロデュースするバンドマスターとしても活躍している。またレーベルメイトであるMELRAWの1stアルバム『Pilgrim』や、2018年1月にリリースした唾奇のシングル『7日後』のプロデュースを手がけるなど、プロデューサーとしての活動も積極的に行なっている。さらに、2018年12月リリース予定の初のソロ作『Persona.』では自身初となるボーカルにも挑戦し、スウィートで深みのある歌声で現行のJ-R&Bの一歩先をいくチルなアンビエントR&Bを展開している。

Hikaru Arata is the leader / drummer / beatmaker of Tokyo based experimental soul band “WONK”. His one and only style of drumming reminiscent of Chris Dave or Questlove is always cracking up the audience, and he is playing as the bandmaster for some amazing Japanese rappers such as Tsubaki, ISSUGI, and IO. He is working not only as a player but as a producer for “Pilgrim”(MELRAW’s first album) and for “7日後” (Tsubaki’s single released in January 2018). In his first EP “Persona.”, which will be released in December 2018, he will be singing as a vocalist with his sweet and rich voice.

WONK vocal Kento Nagatsuka took part in Ryohu's new album "Ten Twenty" released on November 30th 2018

ryohu_tentwenty_jacket.jpg

KANDYTOWNのラッパー/プロデューサー・Ryohuの最新作となるミックステープ『Ten Twenty』が11月30日(金)にリリース。同時にRyohuのオフィシャル・サイト内に開設された『Ten Twenty』特設ページにて、全曲試聴がスタートした。

Ryohu 『Ten Twenty』
Release Date:2018.11.30 (Fri.)
Label:Less+ Project.

Tracklist:
01. Call Your Name (’18)
02. All in One (Remix) [feat. IO & KEIJU] *1st SG
03. Ain’t No Holding Back (Solo)
04. Forever (Remix) [feat. MUD]
05. Lux (feat. MUD)
06. Nothing But A Blur (feat. MALIYA) **2nd SG
07. Wash (Put a Melody)
08. Downtown boyz 2.0 [feat. Gottz]
09. Shotgun Shuffle, Pt. 2
10. Song in Blue (Interlude) [feat. AAAMYYY]
11. 8 Money (feat. Kento NAGATSUKA)
12. Blue Rose (Dreams)
13. Kool Breeze 1.5
14. Where the Hood At (feat. in-d & Campanella)
15. Vibes (prod. by OMSB)
16. Keep Your Eyes Open (prod. by EVISBEATS & MICHEL☆PUNCH)

WONK vocal Kento Nagatsuka took part in STEREO CHAMP's new album "MONO LIGHT" released on November 14th 2018

stereochamp_monolight_jacket.jpg

日本ジャズシーンのみならず世界から注目される若手ジャズギタリスト・井上銘率いるプロジェクト・STEREO CHAMP、待望の2ndアルバム。今回よりバンド名義での活動となり、リーダーであり全楽曲をクリエイトする井上銘の強い覚悟が漲る、現代ジャズの正攻法的超意欲作。前作のモチベーションを超越した、全世界を意識した強力な1枚! M-2ではWONKのボーカル・Kentoを迎えた意欲作となっている。

STEREO CHAMP - MONO LIGHT

1. New Introduction
2. Dan feat. Kento NAGATSUKA
3. To The Light
4. Links
5. Thank you
6. Midnight and Morning
7. Nishinoomote-Kou

【Member】

井上銘(G)
類家心平(Tp)
渡辺翔太(P,Key)
山本連(B)
福森康(Ds)
※M-02:Kento NAGATSUKA(Vo)

【Credits】
Recorded&Mixed:Shuichi Morita (ReBorn Wood Inc.)
Mastered:Tomomi Aibara (Winns Mastering)
Recorded at :ReBorn Wood Studio

WONK's leader / drums Hikaru Arata announced his first release on December 12th 2018.

Hikaru_Arata_EP_Persona_jacket.jpg

WONK’s leader/drums Hikaru Arata will release his first solo EP “Persona.” from EPISTROPH on December 12th 2018. In this EP, he is not only playing the drums but singing with his sweet and rich voice not too dissimilar to Daniel Ceaser or Frank Ocean. And his dreamy but strong sound is supported by amazing musicians such as Satoshi Inoue(Gt.), a jazz guitarist tutored by Jim Hall and Ron Carter, Shunsuke Ochi(Bass.), kiki vivi lily(Cho.), and Kohei Ando(Gt, Sax).

名だたる国内大型フェス出演、海外公演なども精力的に行うエクスペリメンタル・ソウルバンドWONK。そのWONKのリーダーにしてドラマーの荒田洸が自身初となるソロ作品をリリースすることが発表された。
2018年12月12日にリリースされる今作では自身初となるボーカルも務め、Daniel CaesarやFrank Oceanを思わせるスウィートで深みのある歌声で現行のJ-R&Bの一歩先を行くチルなアンビエントR&Bを展開。また演奏陣には、ジム・ホールやロン・カーターに学びジャズ界を牽引し続けるギタリスト井上智をはじめ、菅田将暉のサポートでも知られるベーシスト越智俊介、唾奇などとの客演でも知られるシンガーkiki vivi lily、EPISTROPHの同胞・安藤康平といった今まさに旬のアーティスト達がバックを固め、幻想的でいて芯の通った世界観と何度も聴ける耳触りの良い本格サウンドを作り上げている。

『Persona.』
01: Silent Heart
02: Apartment
03: Hypnotic Mess
04: Flood & Edge
05: Moon River

¥1,500 (+tax)
2018年12月12日(WED) Release
EPISTROPH
EPST-015

Hikaru_Arata_single_SilentHeart_jacket.png

【Preceding Delivery】

「Silent Heart」

Guitar: Sho Ogawa
Bass: Shunsuke Ochi
Rhodes, Hammond: Jun Miyakawa

All Other Sounds by Hikaru Arata




Hikaru_ Arata_artist_photo.jpg

Hikaru Arata
Hikaru Arata is the leader / drummer / beatmaker of Tokyo based experimental soul band “WONK”. His one and only style of drumming reminiscent of Chris Dave or Questlove is always cracking up the audience, and he is playing as the bandmaster for some amazing Japanese rappers such as Tsubaki, ISSUGI, and IO. He is working not only as a player but as a producer for “Pilgrim”(MELRAW’s first album) and for “7日後” (Tsubaki’s single released in January 2018). In his first EP “Persona.”, which will be released in December 2018, he will be singing as a vocalist with his sweet and rich voice.

2016年の『Sphere』リリースから日本のみならず海外でも注目を集め続けているエクスペリメンタル・ソウルバンド、WONKのリーダー/ドラマー / ビートメーカー。クリス・デイヴやクエストラヴを彷彿とさせる圧倒的なドラミングでフロアを沸かす彼のスタイルは日本の音楽シーンにおいても異彩を放っており、WONKのほか、現行のJ-HipHopシーンを牽引するラッパー唾奇やISSUGI, IOらのバンドマスターも務める。また、レーベルメイトであるMELRAWの1stアルバム『Pilgrim』や唾奇のシングル『7日後』をはじめとしたプロデュース作品も多数。2018年12月リリース予定の初のソロ作『Persona.』では自身初となるボーカルにも挑戦し、スウィートで深みのある歌声で、現行のJ-R&Bの一歩先を行く、チルなアンビエントR&Bを展開している。


WONK Drums.Hikaru Arata & Bass. Kan Inoue took part in Yasuyuki Horigome's new album"What A Wonderful World" Released on October 10th 2018

WhatAWonderfulWorld.jpg

堀込泰行 『What A Wonderful World』

2018年10月10日(水)発売
レーベル:NIPPON COLUMBIA
[CD]COCP-40488 / ¥3,240
[LP]COJA-9339 / ¥4,320 ※初回限定生産

1. WHAT A BEAUTIFUL NIGHT
2. スクランブルのふたり 
3. HIGH & LOW
4. home sweet home
5. Destiny
6. 砂漠に咲く花
7. 足跡
8. 泥棒役者 
9. Cheers!

WONK took part in Sweet William & Jinmenusagi's album "la blanka" release on September 26th 2018

SWJU_lablanka.jpg

WONKやMELRAWといったJAZZ/SOULをルーツに先進的なサウンドを展開するプレイヤーやビートメイカーを擁する新進気鋭のレーベル「epistroph」が、今最注目のクリエイター集団「Pitch Odd Mansion」から生み落とされた“ヤバい”1枚をリリースする。

ハイセンスなサンプリングに有機的なグルーヴを纏った独自のサウンドで、唾奇やIO(KANDYTOWN)、m-floをはじめ様々なアーティストやリスナーから厚い信頼を集めるビートメイカー・Sweet William。スキルフルなライミングと底の見えない特異な語彙から生み出される豊かなフローで、Hip Hopシーンにおいて絶対的存在感を放つラッパー・Jinmenusagi。これまでも”Sky Lady”や”Game Over”などヒット曲を生み出し、関連楽曲のYouTube総再生回数700万回を超えるシーンの寵児である二人が、ついに1枚の作品『la blanka』を共に作り上げた。

同アルバムは、「EPISTROPH」と今注目のクリエイター集団「Pitch Odd Mansion」の共同リリースとなっており、本日MVが公開となったリードシングル"so goo"を含む8曲のオリジナル楽曲とWONKによるリミックスを1曲加えた計9曲の内容となっている。

WONK vocal Kento Nagatsuka took part in Tomitalab's new album "M-P-C “Mentality, Physicality, Computer"” release on October 3rd 2018

tomitalab_album_jacket.jpg

冨田ラボが、2018年10月3日にニュー・アルバム『M-P-C “Mentality, Physicality, Computer"』をリリースすることを発表した。

タイトルにある「M-P-C」とは、Mentality(精神)・Physicality(肉体)・Computer(コンピューター)の略。重要な作品コンセプトであり、今作ではコンピュターとそのソフトを使用した演奏、サンプリングを多岐に行っている。
 さらに、このアルバムでは、Kento NAGATSUKA(WONK)、chelmico、長岡亮介(ペトロールズ)、Naz、七尾旅人、Ryohu(KANDYTOWN)、吉田沙良(ものんくる)、Reiなど今の音楽界に欠かせないアーティストたちが集結。これまでなかった、ラッパーの参加や英語詞の曲も収録し、次の時代のPOPSを提示する名盤とも言える作品が完成した。
 完全生産限定盤には、9か月に及んだレコーディングを密着撮影し、冨田を中心に全参加アーティストのインタビューを交えた「M-P-C RECORDING DOCUMENTARY」のBlu-rayと、冨田恵一執筆による「RECORDING DIARY」を同梱。冨田ラボの制作の全貌がわかる7inchサイズ仕様の限定盤となっている。なお、印象的な女性の顔の絵のジャケットは、Ei Kanekoがアルバムのコンセプトをもとに書き下ろしたもの。

◎リリース情報

アルバム『M-P-C “Mentality, Physicality, Computer"』

2018/10/03 RELEASE

<完全生産限定盤(CD+Blu-ray+BOOK)>
VIZL-1436 / 5,800円(tax out.)
7inchサイズのスリーブケース仕様 ※限定ジャケット
7inchサイズ2DISC紙ジャケ仕様 ※アナザージャケット
7inchサイズ124ページBOOK

<通常盤(CD)>
VICL-65047 / 3,000円(tax out.)

【CD】

01.Introduction
02.M-P-C feat. Ryohu
03.パスワード feat. 長岡亮介
04.アルペジオ feat. chelmico
05. Interlude 1 feat. Ryohu
06. Let it ride feat. Kento NAGATSUKA
07. OCEAN feat. Naz
08. POOLSIDEDELIC feat. Rei
09. Interlude 2 feat. Ryohu
10. rain on you feat. 七尾旅人
11. 緩やかな毒 feat. 吉田沙良
12. Outroduction feat. Ryohu

"GEMINI:Flip Couture #1" Release

GEMINI:Flip+Couture+#1.jpeg

2017年9月にエクスペリメンタルソウルバンド“WONK”が同日リリースし話題を呼んだ『Castor』『Pollux』。この2作品に納められた楽曲達が、DJ Spinnaを始めシーンを賑わすトラックメイカー達、そしてWONKメンバー自身らの手によって再構築され、新曲と共に1つの新たな作品『GEMINI:Flip Couture #1』として生まれ変わり、5月23日(水)に発売される。

本作には、マイケル・ジャクソンやスティービー・ワンダーのプロデュース、Hiatus Kaiyote『Chose Your Weapon』のオフィシャルリミックスを担当したことでも有名なNYを代表する DJ/プロデューサーのDJ Spinna、WONK擁する新進気鋭レーベルepistrophから続けざまに新作をドロップしたBallhead、dhrmaの両名やCramといった所縁のある若手トラックメイカー達がリミキサーとして参加。

さらにWONKメンバーそれぞれも1曲ずつリミックスを担当。リリースから半年を経てより研ぎ澄まされた感性で再解釈され新たな楽曲の魅力を引き出している。加えてWONKが本作のために制作した新曲“Small Things”も収録され、現行のビートシーンとバンドシーンとが邂逅した温度のある無機質さをもつ作品として生まれ変わった。

epistroph night / Tokyo, Kyoto, Fukuoka

epistrophnighttokyo.jpg

WONK擁するレーベルepistroph主催のイベント、EPISTROPH NIGHTが東京、京都、福岡の3都市で開催!

2018.6.15
@代官山UNIT 東京  
LIVE → WONK, MELRAW,KOSUKE HARADA&MATZUDA HIROMU, and more!
TICKET→http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002259629P0050001P006001P0030001

epistrophnightkyoto.jpg

2018.6.16
@CLUB METRO  京都
LIVE → WONK, MELRAW, and more!

epistrophnightfukuoka.jpg

2018.6.9
@Union Soda
LIVE → WONK, KOSUKE HARADA & MATZUDA HIROMU, and more!

© WONK 2016 All Rights Reserved.