WONK

Experimental Soul Band

WONK_Artist_Photo.jpeg

WONK - EXPERIMENTAL SOUL BAND
BASED IN TOKYO


A thriving, pulsing, ball of energy channeled through creative genius and restless ambition.  
We focus on breaking down the genre barriers and touching the hearts of music lovers.

東京を拠点に活動するエクスペリメンタル・ソウルバンド。2016年9月に全国リリースした自身初のフルアルバム『Sphere』は第9回 CDショップ大賞 ジャズ賞を受賞。ジャズやソウル、ヒップホップなど様々な音楽に影響を感じさせる彼らの幅広い音楽性は多方面から注目されておりデビューわずかながら、2017年夏には第16回 東京JAZZやBlue Note JAZZ FESTIVAL 2017、SUMMER SONIC 2017、FUJI ROCK FESTIVAL 2018等に出演。また米Blue Note Recordsを代表するシンガーJosé Jamesの最新アルバム『Love in a Time of Madness』のリードトラック 『Live Your Fantasy』のリミックスを担当、ヨーロッパ2大都市公演を成功させるなど、国内に留まらず海外からも多くの注目を集めている。


KAN INOUE(井上 幹) 
BASSIST / SOUND DESIGNER / RECORDING MIXING MASTERING ENGINEER

WONKでは作曲・編曲・ベースの他、レコーディングやミキシングエンジニアをつとめる。ベーシストとして唾奇、ISSUGI、堀込泰行、kiki vivi lilyなどのレコーディングに参加。エンジニアとしては所属レーベルEPISTROPHの各作品のほか、Sweet WilliamやちゃんMARI( ゲスの極み乙女)などのレコーディング・ミキシングを担当。現在、IT企業の会社員として、サウンドチームに所属し、ゲームのSE/BGM制作、ミドルウェアを用いた組み込みやサウンドデザインを行う。

KENTO NAGATSUKA (長塚 健斗) 
VOCALIST / COOK 

WONKのボーカリスト。個人として冨田ラボやKing Gnu、KANDYTOWNのラッパーRyohuやelephant gym(台湾)の作品に参加。料理人としての一面も持ち、大学在学中よりイタリアンやフレンチの有名店出身のシェフの下で本格的に修行を開始。卒業後、弱冠24歳にして都内ビストロの立ち上げに料理長として携わる。現在もフランス料理をベースに商品開発やイベントを開催。所属レーベルEPISTROPH ではオリジナルブレンドコーヒー“ Introspection” やフレグランス“Moon Dance” のプロデュースも行なう。


HIKARU ARATA(荒田 洸)
DRUMMER / PRODUCER / BEATMAKER / VOCALIST

WONKのリーダー、ドラマー。個人として、2018年に自身初のソロEP『Persona.』をリリースし、ボーカルとして活動の幅も広げるほか、HipHopシーンを牽引するラッパー唾奇やISSUGI、IO(KANDYTOWN)の楽曲やバンドサウンドをプロデュース、バンドマスターとしてツアー参加。iri、MALIYAなど気鋭のアーティストのサポーターとしても呼び声が高い。所属レーベルEPISTROPHではkiki vivi lily、MELRAWをプロデュース。アパレルブランドでのディレクター経験を生かし、アパレル商品の企画も目下進行中。

AYATAKE EZAKI(江﨑 文武) 
KEYBOARDIST / PRODUCER / DESIGNER / RESEARCHER

WONK のキーボーディスト。個人では、キーボーディストとしてKing Gnu やMillennium Paradeに参加するほか、作曲家・プロデューサーとしてNaz, birdらに楽曲提供。福岡を舞台とした映画『なつやすみの巨匠(出演:博多華丸、国生さゆり、板谷由夏、リリー・フランキー)』では音楽監督を担当。現在東京大学大学院修士課程在学中。教育工学の領域で「幼児の音表現支援」を研究している。所属レーベルのEPISTROPH ではデザインを監修し、各種グラフィックを手がける。





Since 2013

 
 

© WONK 2016 All Rights Reserved.